The Plant Society Journal 04

A life with plants : Jac Semmler

今回のPlant Peopleへのインタビューでは、新たにThe Plant Society Australiaのプランツ&ストラテジー部門の責任者に就任した、経験豊富な園芸家のジャック・セムラー(Jac Semmler)を紹介する。メルボルンの中心部から車で40kmほど南下した、美しいビーチで知られるエリア、フランクストンにある、「ハートランド」と名付けられた彼女の見事な庭のことや、これまでの植物との関わりについて話を聞いた。

In this edition of our interview series with Plant People, we take the opportunity to welcome gardener and plant specialist Jac Semmler, newly appointed Head of Plants & Strategy at The Plant Society. We introduce her garden oasis on the outskirts of bayside Frankston and chat to Jac about her love of plants and the inspiration behind the creation of her wild suburban garden.


Photography: Hayley Kigbo / Priscilla Moscatt

Words: Jac Semmler / Priscilla Moscatt /Reiji Yamakura @idreit_com(翻訳)


まず、ジャックに植物やガーデニングに夢中になったきっかけを尋ねた。

「私が田舎のファームで育ったことが大きく影響しているの。植物を育てたり、厳しい環境の中に現れる自然の美しさへのパッションは、家族のなかでも特に植物好きだった叔母や祖母たちから受けついだのよ。彼女たちがね、私に植物の素晴らしさや創造性、そして実用的な方法から精神まであらゆることを教えてくれた。今でもガーデニングをする時に、その頃の影響を感じるくらいにね」。

いま暮らしている家には、インテリアの植物コレクションが54個もあるというが、「まだまだ足りないかな」と笑う。植物に囲まれた暮らしの素晴らしさを、こうも語ってくれた。「植物は栄養をくれるし、疲れた時には癒してくれる。プランツがあるというのは私の生活の一部であって、仕事でも家でも、インテリアでもアウトドアでも関係なく、植物が与えてくれる元気や驚きは無限にあるのよ」と。

What ignited your passion for plants and gardening?

“Growing up on a farm as a country kid was so influential. A great passion for planting and creating beauty in challenging environments rubbed off on me from great plants women in my family. Aunts and Grandmas immersed me in their shared love of plants, creativity, practicalities, and spirit. I still feel these generations of plant women in my hands as I garden today.”

Jac’s indoor collection of house plants stands at 54, “but it really doesn’t seem enough”. Talking of the benefits of plants and gardening she is clear. “I find a source of sustenance and resilience through plants. Plants are part of my life, work and home, inside and out, and the nourishment and wonder are endless.”

また、植物から多くのインスピレーションを得るジャックは、ストレスの多い現代社会の息苦しさをガーデニングがやわらげてくれると話す。「植物を育てること、例えば、種から葉が出て、花が咲くというサイクルを間近に見られるのは素晴らしいこと。また、花や葉、その色や形、質感など、その美しさは限りなくあって、植物を育てることでその魅力を身近に感じ、また、自然界の植物同士の関係性などから学べることは多くある。規模の大小や植物が多いか少ないかには関係なく、ガーデニングという“アート”は、クリエイティブで知的、そして、私たちの心を満たしてくれる素敵なものなので、植物を愛さない理由なんてないでしょう」。

Finding inspiration from plants, she talks of how gardening has guided her through the challenges of the modern world. “The practice of tending and cultivating a plant through a life cycle – seed to plant to flower is so wonderous. Also, the beauty is infinite, the flowers, the foliage, the colours form and texture. There is a dynamicism when cultivating plants and gardens – these relationships between your practice in step with nature, how the community of plants interact with each other. The art of gardening, at any scale, is both creative and intellectual and mindfully practical - what is not to love?”

 

一つだけ、植物愛好家が嫌がる意地悪な質問を投げかけてみました、「最近、植物を枯らしたことはありますか?」と。すると、ジャックは、「それはありますよ(笑)。初めて見る植物について学んだり、植物の限界を探ったり、どんな環境が合って何が合わないのかを試すときに植物を枯らすことがあります。そうやって、植物の世界を探求しながら、入手が難しい種のさまざまな生育方法を試し実践していく。そうやって、新しい植物を育てて実らせるのが醍醐味でもあるし、とてもうれしいものよ。植物を枯らすことは恥ずかしいことではないの。どんなに優秀な植物愛好家も、そうやって、さまざまなことを試しながら学んできたんだから。

 

We needed to ask the tough question that most plant lovers dread: have you killed any plants recently?

Jac's response is encouraging “Yes, I have. I often lose plants as I explore their boundaries, learn about plants I am new to, and experiment with competition and success. As I explore the plant world, I am testing and practising different propagation techniques of harder to find plants. It is an incredible feeling when you nurture something into fruition. There is no shame in killing plants. All great plant people do it. It is part of the practice and learning.  

彼女のガーデニングのスタイルについて聞くと、「いまも常に進化している途中だけど、私にとっては、いろんなことを貪欲に取り入れてみることや、ワイルドな、つまり、自然のままの多様性や密度を尊重することが大切。また、季節に合わせて植物は成長したり弱ったりするけれど、そうした変化に応じて調和するように気を付けているし、また、新しい実践をするための余地を多く設けてる。極めて個人的なものだけど、ここは私にとって、植物の美しさを探求する場になっている」と語ってくれた。

About her gardening style;

she says it is “ever-evolving. Maximalist and wild in density and diversity of plants. Seasonal and dynamic as plants peak and fade in concert with each other and the seasons. I have different pockets in my home garden when I explore different practices and plant communities, and species of plants. It is my very personal exploration of beauty.”


Open Gardens Vistoria主催で、メルボルン近郊のフランクストンにあるジャックの庭「ハートランド」を一般公開するイベントは、12月4日と5日に開催予定です。メルボルン周辺の皆さん、お見逃しなく!

Jac’s garden Heartland is open to the public this weekend, December 4th and 5th, hosted through Open Gardens Vistoria. With less than a week left to book, don’t miss it!

Open Garden Victoria
Jac's Open Gardens Event Details

Heartland, Frankston  

Saturday 4th and Sunday 5th of December 2021

For tickets and info https://opengardensvictoria.org.au/Heartland

Jac Semmler / Gardener, Head of Plants & Strategy at The Plant Society

Instagram
@jac.semmler

BROWSE JAC'S FAVOURITE TPS ITEMS


CHECK OUT OTHER ARTICLES

CHECK OUT OTHER ARTICLES

CHECK OUT OTHER ARTICLES