12000円以上送料無料(*大型除く)

The Plant Society Journal 07

A life with plants : Rika Hiratsuji


今回のプランツ・ピープルは、自らリノベーションのデザインを手掛けた、横浜市の自邸で植物と暮らす、moyadesign(@moyadesign_jp)の共同代表を務める建築家の平辻里佳さん。オーストラリアの植物を育てたい、という強い思いを持っていた平辻さんからの依頼を受けて、The Plant Societyがスタイリングを手掛けた事例です。転居が続き、なかなか植物を育てる機会が得られなかったという平辻さんが、大好きな植物に囲まれてハッピーに暮らすまでのストーリーをぜひご覧ください。

We interviewed architect Rika Hiratsuji, co-founder of moyadesign (@moyadesign_jp). Today, she lives with many Australian native plants, styled by The Plant Society Tokyo, in her residence in Yokohama, which she recently designed by herself. After being so transient and having limited opportunities to grow plants, Rika surrounds herself with greenery. Read the full story of how Rika started a happy life with plants.


Photography: Akira Nakamura
Words: Rei Yamakura @idreit_com


過去に5年ほどオーストラリアのパースやダーウィンに住んでいた平辻さんがプラントソサエティを知ったきっかけは、メルボルンの人気カフェHigher Groundだった。「店内に、ものすごい量の生き生きしたグリーンが置かれている様子を見て感激し、誰がスタイリングしたのかを調べていて、The Plant Societyの存在を知りました」。コリングウッドの本店も訪れたことがあったという。

Having lived in Perth and Darwin, Australia, for the past five years, Rika first became aware of The Plant Society through the popular cafe Higher Ground in Melbourne. She was impressed by the plant styling of the cafe, with immense green life and discovered Jason from The Plant Society had styled the cafe. She had also visited our flagship store in Collingwood.

その後、2021年に帰国した平辻さんは、新居となる築30年ほどのマンションと出合い、フルリノベーションのデザインを自ら手掛けることになる。展望の良い最上階で、3方向に窓がある恵まれたロケーションだったため、間仕切り壁を解体してリビングをできるだけ広くとり、東西に風の流れる心地よいインテリアをつくり上げた。リビングでは、凹凸のある区画をうまく生かし、小上がりやソファなどを配置。内装の仕上げは、当初から植物をたくさん入れるつもりだったので、白い壁を基調に、モルタル調の左官材やオーク材など、グリーンが映える色でまとめられている。

 

Rika then returned to Japan in 2021 and worked on the renovation design of a room in a 30-year-old apartment building where she is going to live with her family. As the location was on the top floor of a building with windows on three sides, she made the living room as spacious as possible and created a pleasant interior with breezy vibes. From the beginning of the project, she planned to have a lot of plants, so the interior finishes were chosen in low-key tones, such as white walls, grey finishes and oak timber, to harmonise with greenery.

自宅の設計中に、プラントソサエティが東京に出店したことを知った平辻さんは「長年暮らすうちに、ネイティブプランツの雰囲気や独特の葉のテクスチャーが好きになり、どうしてもオーストラリアの植物を育ててみたかったので、これは彼らに頼むしかない!と思って」と当時を振り返る。スタイリングの依頼時には、キッチンや玄関まわりなど、具体的に植物を置きたい場所を図面上に書き込んで伝え、他には、幼い子どもがいるために尖ったものは避けたいという程度で、全面的に任せることにしたという。

During the design stage, Rika heard the news that The Plant Society was opening Tokyo outpost, "I wanted to grow Australian plants, so why not ask them!! and I offered them to do the styling," she recalls. She told TPS that some plants would be placed in the kitchen and entrance and that she wanted to avoid sharp leaves for safety reasons, leaving the specific choice to TPS.

ジェイソンがスタイリングした現状に大満足という平辻さんに、お気に入りの場所を聞くと「窓外のバルコニーと室内とを繋ぐようにグリーンを置いてもらったキッチンがとても気持ちがよくて気に入っています。窓を開ければ風が抜けるし、遮るものがないのでアガベの奥に、遠くの森まで見えるんですよ」と。

北側のバルコニーでは平辻さんが唯一リクエストしたというオーストラリア原産のバンクシアが置かれ、寛げる一角となっている。また、プランターにも愛着があり「釉薬を使ったものはあまり他で見たことがなかったので、サンセベリアを植えたリーフ&スレットの白い鉢が気に入っています。それから、葉が分厚くてかわいいホヤ インディアンロープを入れた、表面がひび割れた表情のミオプランターもお気に入り」という。

As a result, Rika is very happy with Jason's choice of plants and pots and enjoys looking after them. "I really like my kitchen with greenery inside and outside facing by the window. The plants connect the interior and exterior, and we also feel very comfortable here, as we can see the forest in the distance from the kitchen windows.

Besides, there is an Australian Banksia on the north balcony, the only plant Rika requested, where her family could sit on a chair and relax. "I also like the white glazed handmade pots by Leaf & Thread and the lovely Mio planters with Hoya ‘Indian Rope’ in it," she added.

それまで、自身で植物を育てた経験はあまりなかったという平辻さんに、植物を多く採り入れたことによる変化を聞くと「お花が咲いたよ、新しい芽が出たよって、植物の成長を子どもたちと共有できるのが日々楽しいですね。実は私は発酵食に昔から興味があり、ヨーグルトを自作したり、オーストラリアでは味噌や納豆を、米麹から菌を育てて手作りしたりしていました。ただ、発酵の育ち具合などは子どもにはなかなか伝わらないですから」と笑う。そして、今では水やりをする時間が、平辻さんにとって癒やしになっている。「ジェイソンさんが東京に来た時のワークショップで『植物の手入れをする時間はメディテーションだ』と言っていましたが、まさにその通りだと感じています。私は毎週金曜の夜に水やりをすることにしているのですが、そこで植物と向き合う時間は欠かせないもので、そこで定期的に意識をリセットできて良いのです」と、日々の生活への植物の効果を教えてくれた。

When we asked Rika about the benefits of living with plants in the house, she said, "It is great fun to be able to share with children the growth of plants, such as flowers blooming, and buds appearing." She also says that the time she spends watering her plants is a good healing experience. "When I joined a workshop in TPS Tokyo, Jason said, 'Caring for plants is a kind of meditation', which I feel is exactly right. I water them every Friday night, which helps refresh my mind by focusing on the plants". She currently works from home as an architect, so it is very comfortable to see live plants in her home. The beautiful kitchen counter, which she designed with tiles for easy watering, is much used for plant maintenance today.

現在はほぼ在宅勤務のため、家の中に生きた植物が多くあるのは、とても心地良いという。気軽に水やりができるようにタイル貼りにしたという、平辻さんこだわりのキッチンカウンターは、植物のメンテナンスにも大いに活用されている。もともと自然や土のある場所が好きで、時間があれば山歩きやカヌーなど、アウトドアで過ごしたいという平辻さん。建築家としての経歴の中で、これまでもランドスケープアーキテクトと協働して設計したり、外構のデザインを任されることが多くあったというが、近頃は、ますます植物への関心が高まっており、時間があれば、将来ランドスケープの勉強をしてみたいと話してくれた。

Rika, a nature lover who grew up in wooded areas and lakes, has worked with landscape architects and has been assigned to design exteriors on many projects in her architectural career. At the end of the interview, she told us that her interest in plants has been growing recently and she would like to study landscape design in the future if she has more time.

Rika Hiratsuji / moyadesign

羽場友紀と平辻里佳の共同主宰によるモヤデザイン一級建築士事務所を、隈研吾建築都市設計事務所を経て2012年に創設。住宅や店舗、保育園、医院等の設計から、家具、インテリア、ランドスケープデザインまでを幅広く展開。

Moyadesign is an architectural design office co-led by Yuki Haba and Rika Hiratsuji. The duo founded the office in 2012 after working at Kengo Kuma & Associates. They work on a wide range of designs, including houses, shops, nurseries, clinics, furniture, interiors and landscapes.

CHECK OUT OTHER ARTICLES
CHECK OUT OTHER ARTICLES
CHECK OUT OTHER ARTICLES