12000円以上送料無料(*大型除く)

The Plant Society Journal 05

A life with plants : Takeshi Shima


植物のある暮らしをそれぞれのスタイルで楽しむ、プランツ・ピープルや園芸家などに、植物との楽しい日常を聞くインタビューの第5回は、設計事務所や家具ブランドでの経験を経て、2020年に自身のクリエイティブスタジオ、moss.(@moss._cd)を立ち上げた志摩健さん(@shimaken3188)に、自宅で気軽に楽しんでいるというグリーンとの付き合い方を聞いた。

In this featured interview series, we meet plant people, gardeners and creators who make plant related goods to introduce their delightful life with plants. This time, we meet Japanese designer Takeshi Shima, design director of creative studio moss. (@moss._cd).


Photography: Takeshi Shima @moss._cd
Words: Rei Yamakura @idreit_com



志摩さんは、かつてガーデンデザインを得意とするデザイン事務所で設計に携わっていたこともあり、最近はオフィスやマンションのインテリアからホテルの植栽計画まで、様々なプロジェクトを手掛けるデザイナーだ。

自宅で植物を育て始めたきっかけを聞くと、「かつて、家具メーカーに勤めていた時に、ブランドの世界観を表現するために植栽と組み合わせたVMDを提案したりしていました。その頃に、仕事で縁のあった植物屋さんが引っ越し祝いにシェフレラの鉢植えをプレゼントしてくれたんです。今から10年ほど前のことですが、それ以来、家に植物があるといいなと思って、少しずつ増やしていきました」とのこと。

Shima is a designer who has worked for an architectural design firm, a furniture brand, and a design firm that specializes in garden design. He has recently been involved in various projects, such as interior design for offices and apartments and planting plans for hotels.

When we asked him how he started growing plants at home, he replied, "When I was working for a furniture manufacturer, I occasionally designed Visual Marchandise that used plants. At that time, about ten years ago, the plant shop owner I worked with gave me a potted Schefflera plant as a housewarming gift. Since then, I thought it would be nice to have plants in my house, so I started adding them little by little."

実は、ディスプレイの仕事で植物を使い始めた頃は、それらを育てることにはあまり関心がありませんでした。でも、自分で育ててみると、小さなサボテンにちょっとした花が咲いたり、暖かくなる時期には、一斉にいろいろな植物から新芽がでてきたり、そういう変化を見るのが楽しくなって」と心境の変化を振り返る。

購入する際は、お気に入りの専門店に行くこともあれば、ホームセンターのようなところで買うこともあるという志摩さんに、植物を選ぶポイントを尋ねてみた。「特別なこだわりはないのですが、塊根植物のようにコレクターが好むものにはあまり手を出さないことくらいでしょうか。最初に鉢植えをくれたプロの方から、『種類や値段を気にするよりも、まずは枝の形や葉ぶりを注意深く見るといい。良いものは空間の印象を大きく変える力があるから』と教わった言葉がとても印象に残っていて、クライアントに向けてスタイリングする時でも自宅用でも、必ず形をよく見るようにしています。また、僕は野生のまま元気よく茂っていたり枝が曲がっていたり、自然らしさを感じさせてくれるものが好きですね」。


"When I first started using plants in my visual merchandising work, I wasn't really interested in growing them. But after growing them myself, it became fun to see the changes, like a little flower blooming on small cacties or several plants sprouting in the spring", he added.
We asked Shima what he keeps in mind when choosing plants, he replied, "I don't have any particular preferences, but I don't choose plants that collectors like, such as caudex. The plant store owner who gave me the first plant taught me that I should pay attention to the plant's shape first, rather than the species or the price. If it's a good one, it can change the mood of the space. Those words left a deep impression on me, so I still pay attention to them. I also like plants that are wild, lush and natural.

最近のお気に入りは、ユーフォルビアの一種、ミルクブッシュという。「このミルクブッシュは最近買ったばかりですが、さっそくサボテンと合わせてみました。自分で寄せ植えすると失敗することもありますが、うまくいくと楽しいですよ。これまでは小さな鉢も多くありましたが、1歳の娘が歩き回るようになって危ないので、細かいものは友人にあげたりして随分減らしました」。そんな志摩さん夫妻と娘さんが暮らすマンションのインテリアも、自ら手掛けたものだ。
「ある予算の範囲内であれば好きなようにリノベーションして良いという賃貸物件と出会い、一部DIYのような形で施工に参加しながら、自分でデザインしたのがこの部屋です。キッチンは、部屋の中央に大きなカウンターが欲しかったので、簡単な図面を書いてタイルで仕上げてもらいました」。ジャン・プルーヴェがデザインした名作ウォールランプや、水面のように天板に風景が映り込むアルフレックスのローテーブルなどが、生き生きとしたグリーンと相まって豊かなシーンをつくっている。


The latest favourite, he said, was milk bush, a type of euphorbia.
"I bought this milk bush and planted it with the cacti. For me, planting them together in one pot is fun when it works."
Recently, he gave away his small pots to a friend because his one-year-old daughter was walking around, and it was unsafe for her. The interior of the apartment where Shima and his family live was designed by himself.
"We found a rental property that was available for renovation and designed it ourselves, participating in the construction partly as a DIY project. In the centre of the room, we wanted a large kitchen counter, so I made a drawing and had it finished with tiles."
The carefully selected furniture by the Shima couple, wall lamps by Jean Prouvé and a low table by Arflex harmonize with the greenery to create a rich scene.

ラフな棚や、あちこちに置かれた石ころについて尋ねると、「いや、ただ石が好きで(笑)。川で拾ってきたものもあれば、ディスプレイの仕事で使ったものなどもあります。この棚は、足場用の脚立を町工場で買ってきて、自分で板を乗せただけなんです」と笑顔で説明してくれたが、空間にまつわることなら何でも手掛けるという志摩さんならではの適度な“抜け”のあるスタイリングが清々しい。
「苔がむしていくように、悠久な時を過ごせる心地いいデザインを目指して。」という言葉をデザインスタジオ「moss.」のステイトメントに掲げる志摩さんの、プランツと共にある暮らし。在宅ワークをする人も多い状況の中、仕事の合間や休日にほっと一息できる植物のあるインテリアは、都会人の参考になるアイデアに溢れている。

When we asked him about the rough DIY shelves and the pebbles placed here and there, he replied, "I just like natural stones and pebbles, such as the ones found around the riversides (laughs). Regarding this shelf, I bought scaffolding stepladders at a metal factory and just put the boards on it myself," he explained. As a professional designer with a wide range of experience in space design, Shima's styling, with no over-decoration, has created a comfortable space.
He has stated the phrase "Like a moss. We adapt to the environment spreads endlessly" as the design philosophy of his creative studio. As a nature-minded person, Shima's lifestyle with plants seems to be fascinating. Today, work from home is becoming more common, his interiors with plants that allow people to relax during work hours or on holidays can be great inspiration for city dwellers.

Takeshi Shima / moss.


1987年東京都生まれ。2009年桑沢デザイン研究所スペースデザイン学科卒業、株式会社アルフレックスジャパン、各インテリアデザイン事務所を経て、2021年 moss. (@moss._cd)設立。moss.はインテリア、建築など空間づくりを軸に、苔むすように悠久な時を過ごせる質朴で心地の良いデザインを提供するクリエイティブスタジオ。デザインディレクター : 志摩 健

Born in Tokyo in 1987. After graduated Kuwasawa Design School (Space Design Course) in 2009, he worked for Arflex Japan and design studios. Established his own creative studio 'moss.'(@moss._cd) in 2021 and work as design director. 'Moss.' is a creative studio that focuses on interior design, architecture, and other spatial design, offering simple and comfortable designs that allow people to spend eternal time like a moss.

https://moss-cd.com/

CHECK OUT OTHER ARTICLES
CHECK OUT OTHER ARTICLES
CHECK OUT OTHER ARTICLES